転職で年収UPさせるための対策とは?

 転職は適切なタイミングで転職をすれば、年収をUPさせることができます。転職で年収UPが見込めるタイミングとして適正年齢なのは、20代後半が最も多く、初めての転職には最も適した時期です。転職して年収UPが期待できる職種では、営業職やエンジニア系が最も期待できますが、これは最初の就職先でスキルをみっちりと身につけた後の転職だからこそ、着実に年収UPに結びつきます。

 

知っておいて得する年収UPの転職対策

給与算定の基準を熟知しておく

 企業は役職や職務内容・年齢・在職年数などにあわせて給与規定を持っていますので、おおよその基準を知っておくことで、この先勤務していく上で、どの程度の年収UPが期待できるかを知っておくことができます。

 

転職候補企業の福利厚生を知っておく

 案外バカにできないのがこの福利厚生です。企業によって福利厚生はまちまちなので、基本的な福利厚生の他に、家賃補助や家族手当などの手当てなども、企業によっては大幅に差がありますので、転職したい場合にはこちらも確認しておきましょう。

 

企業の経営状況もチェック

 有名な会社だから将来は安泰、そんな時代は今はなく、有名企業に勤務していても、1年後にはリストラされるような時代ですので、転職後リストラ候補に挙げられてしまっては、転職損です。かといって、目の前の給与やボーナスにばかり固執するのではなく、この先成長が見込める、財形状況などを確認してみる必要があります。転職は人生を変えるものですので、計画的に行動していきましょう。