前職での企業との関係は良く保ちましょう

退職の際は円満に

 転職をする理由として、勤めていた企業に対する不満が積もってしまったということがあります。転職は、現在の仕事や待遇などに対して何かしら満足がいかないときに起こることですから、どうしても退職をするときには上司や会社側にそのことをぶちまけたいという気持ちが湧いてくるのも事実です。しかしながら、感情的になりすぎると次に転職で入社することになった会社での業務に支障が出てくることがあります。つまり、次の仕事で前の会社がクライアントになったり、営業で当たったりすることがあるわけです。

 

伝えないという選択は正しいことです

 前に務めていた会社と関係が悪いからということで、仕事を断ることは通常できませんから、こうしたトラブルを起こさないためにも色んな思いはあったとしても言わないという選択をした方が良いでしょう。特に同じ都道府県で転職を考えている場合には、そういうバッティングが良く起こります。全く違う業界に行くということはあまり転職ではありませんから、仕事を円滑に気持ちよく進めるためにも会社や人間関係などはわだかまりを持たずにすることが重要なのです。二度と会わないからということは、日本にいる限りは思わない方が良いでしょう。